本文へジャンプ

日証協について

グリーンボンドセミナー(平成29年11月2日・東京)の開催結果について

今般、欧州の証券業界団体である国際資本市場協会(ICMA)が、グリーンボンド及び社会貢献債の発展を周知すること及び、日本及びアジアにおけるこれら債券の市場参加者との緊密な対話を行うことを目的として、グリーンボンドに関する会合を東京で開催しました。本協会は協力機関として、これを支援いたしました。
ICMAでは、欧州におけるESG投資への関心の高まりを踏まえ、グリーンボンドに関する原則(GBP: Green Bond Principles)の策定等を通じ、その普及・発展に努めています。この一環として、GBPの更新、管理等のためのガバナンス体制(Executive CommitteeやSteering Committeeを組織)を構築しているほか、グリーンボンドに関する年次会合を欧州で過去3回開催しており、今回の東京開催はアジア地域内では初の開催となりました。

会合名

 グリーンボンドセミナー
「グリーンボンド及び社会貢献債市場の発展-アジアの展望」

開催日時

 平成29年11月2日(木) 午前9時30分~午後5時30分
(セミナー終了後、ネットワーキング・レセプションを開催)

開催場所 東京 虎ノ門ヒルズ 森タワー5F ホールA
(東京都港区虎ノ門1-23-3)
主催機関 国際資本市場協会
(ICMA: International Capital Market Association)
* 本協会は協力機関として参加
プログラム プログラムicon_pdf.gif
開催概要 グリーンボンドセミナーの模様についてicon_pdf.gif
証券業報(詳細報告)icon_pdf.gif