本文へジャンプ

外務員資格

外務員資格試験制度

(1)外務員資格試験(2)外務員資格試験の概要(一種外務員資格試験及び二種外務員資格試験)(3)シラバス(外務員に求めるべき知識を明確化した文書)(4)過去2年間の受験者数、合格者数及び合格率(一般受験者)

(1)外務員資格試験

(2)外務員資格試験の概要(一種外務員資格試験及び二種外務員資格試験)

 一種外務員資格試験二種外務員資格試験
出題科目

〔法令・諸規則〕
 ・金融商品取引法及び関係法令
 ・金融商品の勧誘・販売に関係する法律
 ・協会定款・諸規則
 ・取引所定款・諸規則

〔商品業務〕
 ・株式業務
 ・債券業務
 ・投資信託及び投資法人に関する業務
 ・付随業務
 ・デリバティブ取引(一種外務員資格試験のみ)

〔関連科目〕
 ・証券市場の基礎知識
 ・株式会社法概論
 ・経済・金融・財政の常識
 ・財務諸表と企業分析 
 ・証券税制 
 ・セールス業務

出題範囲 ①上記出題科目についての実務的、専門的知識
②コンプライアンスに関する基本的かつ重要な事項
①上記出題科目についての基礎的知識
(二種外務員の職務の範囲外である信用取引及びデリバティブ取引についても、その基礎的知識について「株式業務」、「債券業務」等各関連の科目に含めて出題します。)
②同左
(注)外務員資格試験の問題は、直近の法令・諸規則に基づいた内容で出題されます。
出題形式 〇✕方式及び五肢選択方式(語句選択方式、計算問題)
解答の方法はPCへの入力方式
問題数 合計100問
(〇✕方式70問、五肢選択方式30問)
合計70問
(〇✕方式50問、五肢選択方式20問)
〇✕方式の問題は1問2点、五肢選択方式の問題は1問10点(五肢択二は各5点)。
 試験時間 2時間40分 2時間
合否判定基準  440点満点の7割(308点)以上得点した者を合格者とします。 300点満点の7割(210点)以上得点した者を合格者とします。

(3)シラバス(外務員に求めるべき知識を明確化した文書)

シラバス(外務員に求めるべき知識を明確化した文書)はこちら PDF

(4)過去2年間の受験者数、合格者数及び合格率(一般受験者)

2018年度

試験種類 一種外務員資格試験 二種外務員資格試験
受験者数 4,782名 3,870名
合格者数 3,160名 2,573名
合格率 66.1% 66.5%

2017年度

試験種類 一種外務員資格試験 二種外務員資格試験
受験者数 5,604名 4,445名
合格者数 3,647名 2,797名
合格率 65.1% 62.9%