LESSON2 そもそも何をするものなの? 資産運用とは?

POINT1資産運用には、貯めることを重視した
「貯蓄」と、
ふやすことを重視した
「投資」があります。

貯蓄:ふやすことより貯めることを重視、元本保証など確実性を重視、運用成果は商品の選択時に決定(固定金利型商品が多い)。投資:貯めることよりふやすことを重視(株式や債券などの商品で運用すること)、長期投資と分散投資が基本、運用成果は予測できない。 貯蓄:ふやすことより貯めることを重視、元本保証など確実性を重視、運用成果は商品の選択時に決定(固定金利型商品が多い)。投資:貯めることよりふやすことを重視(株式や債券などの商品で運用すること)、長期投資と分散投資が基本、運用成果は予測できない。

POINT2資産運用は、「社会貢献」。

私たちは「預金」や「株式投資」などを通じて、間接的または直接的に国(政府)や企業の成長を支え、
結果、より暮らしやすい環境や、より質の高い商品やサービスを手に入れることができます。

証券投資の意義

資産運用をすることは、「経済成長を支える」ことにも繋がる 資産運用をすることは、「経済成長を支える」ことにも繋がる

株式市場の役割

株式会社」が事業を拡大したり、積極的に先行投資をするためには、より多くの資金が必要です。この資金を、投資家から長期にわたって安定して調達するために、株式会社は「発行市場」を通じて株式を発行しています。
一方、投資家は資金を有効に運用するために、株式を購入したり、売却したりします。そのために株式の売買ができる「流通市場」があります。「株式市場」は、株式の「発行市場」「流通市場」という2つの機能を果たすことで、多くの会社や投資家のニーズに応え、経済活動を支えています。

株式市場の役割 株式市場の役割
直接金融とは
会社が株式債券などを発行し、投資家から直接資金調達を行う方法です。
投資家から見れば、投資リスクを直接負いますが、収益を期待することができます。
間接金融とは
会社が金融機関から融資などの形で資金調達する方法です。金融機関が資金を集めて融資先・投資先を決めるため、投資リスクは基本的に金融機関が負うことになります。

「投資」は「ギャンブル」
ではありません。

投資は「お金がふえるか、損をするかわからない」という点で、
ギャンブルと比較されがちですが、投資とギャンブルは本質的に目的や仕組みが異なります。

投資
投資先の会社や国がその成長を目的として資金を集める。
利益などを(応援の)対価として投資家が受け取る。
ギャンブル
娯楽が目的。掛金から主催者の運営料を差し引いた金額を
勝敗に応じて分け合う。