今さら聞けない!投資Q&A

証券会社が倒産した場合、預けている証券やお金はどうなるの?

証券会社が投資家から預かっている有価証券や金銭は、万が一、証券会社の経営が破たんしたとしても確実に顧客に戻るように、自社の資産とは区分して管理することが法律で義務付けられています。これを「顧客資産の分別管理」といいます。

それでもなお、顧客資産の円滑な返還が困難となった場合は、日本投資者保護基金から1顧客当たり1,000万円を限度として補償されます。
商品によっては、商品そのものが返還されるのではなく、換金されて返還される場合もありますので、その時の市場価格(時価)によっては損失が発生する場合もあります。
なお、信用取引や先物取引などについては、一部、分別管理の対象とならない場合もあります。

回答者はこの人

日本証券業協会 普及推進部 担当者

キーワードで探す

人気のキーワード

カテゴリーで探す

」に関する質問