今さら聞けない!投資Q&A

貸借対照表ってなんですか?

貸借対照表(バランスシート、B/S)は、会社の「資産」(資産の状態、使い道)「負債・純資産」(資金の調達手段)の一覧です。
一定時点における会社の財務状況を知ることができ、会社がどのくらい安定しているかの参考にもなります。

資産の部 表示にはいくつかのルールがあり、一般的に現金化しやすい順番に各科目が設けられています。
A 流動資産 現金・預金、受取手形、売掛金、有価証券(一時保有のもの)、製品、原材料などで、現金及び1年以内に現金化できる資産です。
B 固定資産 建物、機械、営業権などで、1年を超える長期にわたって利用され、現金や価値を生み出すものです。
負債の部 返済義務のあるもの(借入金など)、対価を払わなければならないもの(買掛金)のほか、将来支出が見込まれるものに対する準備金(引当金)も含まれます。
C 流動負債 1年以内に返済または支払いをしなければならない負債で、支払手形、買掛金、未払金、短期借入金などが含まれます。
D 固定負債 返済日あるいは支払日が1年を超える負債で、社債、転換社債型新株予約権付社債、長期借入金などが含まれます。
純資産の部 株主が払い込んだ資金(出資金)や会社がこれまでに蓄積してきた利益が含まれます。
E 資本金 株主が払い込んだ資金(出資金)のうち、資本金として組み入れた金額のことです。
F 資本剰余金 「資本準備金」と「その他資本剰余金」の2つがあります。「資本準備金」とは、株主が払い込んだ資金(出資金)のうち、「資本金」に組み入れなかった部分の金額のことです。
G 利益剰余金 「利益準備金」と「その他利益剰余金」の2つがあります。「利益準備金」とは、配当を支払うために、積み立てることが法律で義務付けられているものです。
回答者はこの人

日本証券業協会 普及推進部 担当者

キーワードで探す

人気のキーワード

カテゴリーで探す

」に関する質問