今さら聞けない!投資Q&A

iDeCo運用中に、投資商品を変更をする場合、どのようなことに気を付けたら良いですか

iDeCo運用中に投資商品を変更する場合、まず2つの変更方法があります。


1つ目は、これから積み立ていく商品の種類や配分を変更する「配分変更」、もう1つはこれまで貯まった残高の商品の種類や配分を変更(解約・売却)する「スイッチング」です。

どちらか1つを変更することも可能ですし、両方変更することも可能です。また運用中の投資商品の残高全ての変更ではなく一部の変更も可能です。配分変更やスイッチングには手数料はかかりません。


なお、気をつけておくべきポイントとしては、スイッチングの際に保有している商品によっては、売却時に信託財産留保額、購入時に販売手数料等がかかるものもありますので、対象商品の仕組みや性質をきちんと確認しておきましょう。

また、投資信託は日々値動きしていきますので、変更のタイミングによっては大きく基準価額が動くことも考えられます。


投資商品を変更する際には、以上のことについて気をつけましょう。

回答者はこの人

日本証券業協会
金融・証券インストラクター
野﨑 久美(保有資格:ファイナンシャル・プランナー(AFP認定者)、2級FP技能士(一般社団法人 金融財政事情研究会)、プライベートバンキング・コーディネーター(社団法人 日本証券アナリスト)保険専門課程(ライフコンサルタント)

キーワードで探す

人気のキーワード

カテゴリーで探す

」に関する質問