今さら聞けない!投資Q&A

投資信託には「分配金あり」と「分配金なし」のタイプがありますが、メリット、留意点を教えてください。

投資信託は、運用で純資産が増えると基準価額が上昇し、上昇分が利益となります。その一部または全部が分配金として投資家に支払われます(分配金の金額は決算で決められます)(分配金については、「普通分配金と特別分配金の違いって何?」をご参照ください。)。

 

ただし、投資信託には、毎月や半年、1年ごとに分配金が支払われる「分配金がある」タイプと、解約または売却するまで分配金を支払わずに再投資する「分配金がない」タイプがあります。

 

「分配金がある」タイプでは、分配金が「利益確保」となる面は、メリットです。分配金支払い後、運用が悪化し、分配金が支払われない場合もあるからです。 しかし、運用収益を投資家に分配せず再投資をすれば、その利益に対しても、さらに運用益を得られたかもしれません(複利的な効果)。この機会を逃したと考えれば「運用効率の低下」がデメリットとなります。

 

一方で、運用収益が上昇しても分配金を支払わない方針の投資信託もあります。「分配金なし」のタイプは、運用益を投資家に分配せずに再投資すれば、その分運用資産が増えるので複利的な効果が期待できるという面は、メリットです。ただし、解約または売却をするまでは、分配金の支払いが一切ありませんので、解約または売却した時の基準価額が購入した時の基準価額を下回っている場合、それまでの運用益は得られないというデメリットがあります。

 

「分配金あり・なし」のどちらが良いかは、投資家の好みです。「運用中に利益を確保したい」か、「長期的に運用をして、複利効果を高めたい」かで選ぶと良いのではないでしょうか。

回答者はこの人

日本証券業協会
金融・証券インストラクター
石原 敬子(ファイナンシャル・プランナー(CFP®認定者)、一級ファイナンシャル・プランニング技能士)

キーワードで探す

人気のキーワード

カテゴリーで探す

」に関する質問