金融・証券用語集

キャッシュフロー(計算書)
(きゃっしゅふろー(けいさんしょ))

意味

「キャッシュフロー」とは、お金の流れ(流入・流出、収入・支出)のこと。
「キャッシュフロー計算書」とは、会社の一会計期間中の現金及び現金同等物(3か月以内の定期預金、譲渡性預金など)の増減を表したもの。
会社の経営状態を、資金の流れ・増減を通してチェックすることができる。

解説

一定期間に流入するお金をキャッシュ・イン・フロー、流出するお金をキャッシュ・アウト・フローといい、両者を総称して「キャッシュフロー」といいます。
 例えば、代金後払いで商品を売った場合、お金が入ってないにもかかわらず、「売上」として計上してしまうため、決算書の損益計算書に記載されている売上高、純利益等は実際のお金の流れを表していないことになります。
こうしたことから「利益は意見、キャッシュは事実」といわれます。
 結局、利益というのは、会社会計という仕組みのなかから生まれた概念であるため、実際のお金の流れを表しているわけではありません。
 有価証券報告書等の決算書を見ると、キャッシュフロー計算書のなかに、営業活動、投資活動および財務活動によるキャッシュフローという項目が出てくることが分かります。営業活動によるキャッシュフローというのは、事業活動を通じて実際に稼いだお金のことをいい、投資活動によるキャッシュフローとは、設備投資、有価証券投資、企業買収等に伴うお金の流出のことをいい、財務活動によるキャッシュフローとは、借金(返済)、増資(配当金支払い)に伴うお金の流入(流出)のことをいいます。
また、営業活動によるキャッシュフローと投資活動によるキャッシュフローを足し合わせたものを「フリー・キャッシュ・フロー」といい、企業が自由に使用できるお金を表します。
なお、優良な会社の場合は、営業キャッシュフローがプラス(営業成績好調)、投資キャッシュフローがマイナス(積極的な設備投資)、財務キャッシュフローがマイナス(借入金の返済)というような傾向が見られます。

関連用語を調べる

キーワードで探す