金融・証券用語集

ライフサイクルファンド
(らいふさいくるふぁんど)

意味

国内外の株や債券を組み合わせて運用する「バランス型ファンド」の一種で、投資家のライフサイクルに合わせて、資産配分が変わるのが特徴。

解説

ファンド購入者が若年層の場合は、運用の期間が長くなりますので、リスクは大きくとも長期的には高いリターンが期待できる株式の組み入れ比率を高めた積極運用を行います。一方、高齢層に近づくにつれて運用の期間が短くなるため、確定利付き商品の組み入れ比率を増やした安定運用に資産配分を変えていくものです。

 

キーワードで探す