本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

会長挨拶

会長挨拶

稲野会長写真

 日本証券業協会は、金融資本市場の公正かつ円滑な運営、金融商品取引業の健全な発展及び投資者の保護を目的として設立された、金融商品取引法に基づき内閣総理大臣の認可を受けた金融商品取引業協会です。
 金融資本市場は、市場メカニズムによる効率的な資金配分機能に基づき、投資家の資産運用の場及び次代を担う成長産業をはじめとする企業の資金調達の場として、我が国経済において重要な役割を担っております。
  本協会は、我が国成長戦略に貢献し、広く国民の資産形成を支援するため、「活力ある金融資本市場の実現」と「投資による資産形成の推進」という2つの最重要課題を掲げ、次の重点戦略に取り組んでまいります。
 1つ目は、個人投資家に対する中長期的な資産形成への貢献及び金融リテラシーの普及・推進です。少子高齢化の進展、日本の財政状況等を踏まえると、個人の自助努力による資産形成は極めて重要な課題です。個人の投資による中長期的な資産形成を支援する制度であるNISA、ジュニアNISAの普及・推進や恒久化・拡充の実現に向けて取り組むとともに、確定拠出年金制度の利用拡大に向けて取り組んでまいります。また、国民各層の金融リテラシーの普及・推進のため、金融経済教育の推進を図るとともに、昨今、高齢者を中心に深刻な社会問題となっている「株や社債をかたった投資詐欺」の被害防止に向けた広報活動も行ってまいります。
 2つ目は、金融資本市場の機能・競争力の強化です。東京国際金融センターの実現や国債及び株式等の決済期間短縮化の推進に向けて取り組んでまいります。また、社債市場の活性化の実現や新規・成長企業、地域企業の支援にも取り組んでまいります。
 3つ目は、協会員の機能・信頼性の向上です。協会員における顧客本位の業務運営の徹底に向けた取組みは重要課題です。協会監査の機動的・効果的な実施や自主規制規則の充実を図るなど適切な自主規制機能の発揮に努めてまいります。また、社会保障・税番号(マイナンバー)制度の着実な定着に向けた取組みなど協会員の制度改正への対応の支援にも努めてまいります。
 4つ目は、グローバルな情報発信・連携の拡充です。日本市場の魅力と可能性を積極的に海外に向けて発信してまいります。
 5つ目は、本協会における事務局運営態勢の整備です。上記の重点戦略の推進を図るため、協会員、市場関係者等とのコミュニケーションの一層の充実を図るほか、積極的な情報発信に努めるとともに、業務継続体制(BCP)の整備・強化を図り、人材育成等組織・運営面の向上・見直しにも注力してまいります。
 本協会はこれからも金融資本市場の発展と投資家がより一層信頼できる投資環境の整備・充実のために、全力を注いでまいります。
 

日本証券業協会 会長 稲野 和利

 

 

ページの先頭へ