本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

社債市場の活性化に関する懇談会等

本協会では、平成21年7月1日、我が国社債市場の活性化を図るため、「社債市場の活性化に関する懇談会」(座長:福井俊彦 キヤノングローバル戦略研究所理事長。以下「懇談会」といいます。)を設置し、我が国社債市場が抱える課題を整理するとともに、一層効率的で、透明性と流動性の高い社債市場の実現のための取組みについて検討してきております。
懇談会では、平成22年6月22日に、報告書「社債市場の活性化に向けて」が取りまとめられ、同報告書で指摘された社債市場の活性化の実現に向けた4つの重点的な取組みについて、それぞれ部会を設置し検討を進め、同24年7月30日に、報告書「社債市場の活性化に向けた取組み」が取りまとめられております。
現在、本協会及び懇談会では、報告書に掲げられた取組みを進めるため、「社債市場の活性化に向けたインフラ整備に関するワーキング・グループ」、「社債の価格情報インフラの整備等に関するワーキング・グループ」を設置し、各課題について検討を進めております。
このページでは、懇談会やワーキング・グループの検討状況及び報告書などを公開しております。

 (社債市場の活性化に向けたフォーラム) 

 (懇談会等) 

 (報告書等) 

 (検討を終了した部会等)