本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

債券の特徴

債券投資入門

債券の特徴

債券とは、資金調達をする発行体(国や会社等)がお金を借りた証拠として、利子の支払いや元本の返済をあらかじめ約束して発行する証書です。また、債券は一般的に、発行時に利率、期間(償還期間)、額面金額、発行価格等の条件が決められています。なお、債券の一般的な特徴としては、以下の点が挙げられます。

いろいろな種類の債券が発行されていて、資金の目的に応じた運用ができる

国内・海外の公的機関から民間会社まで、多様な発行体から発行されています。安全性は高いが利率は低いものや、信用度が劣る分だけ利率が比較的高いもの、あるいは、満期までの期間が短いものから30年以上の長期のものまで、様々な種類があります。

償還される

原則として、債券は株式と異なり償還されます。満期日を迎えると額面金額である償還金が受け取れます。多くの債券は満期時に全額が償還されますが、期中に一部または全部を償還するタイプもあります。

満期まで持てば、「確定利回り」が得られる(固定金利・利付債の場合)

債券は、満期(償還日)までの間に一定の利子を支払うことを約束して発行されたものですから、満期まで持てば、「確定利回り」が得られる商品といえます。金利は固定金利のものが一般ですが、市場の動向によって金利が変化する変動金利のタイプもあります。

途中売却ができる

債券は市場で取引されており、満期前でもその時の市場価格で売却することができます。ただし、金融情勢の変化によって購入価格を上回る場合もあれば、下回る場合もありますので、売却の際には注意が必要です。

ページの先頭へ