本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

債券の格付け

債券投資入門

債券の格付け

債券の格付けとは、債券の元利金支払いの確実性を「格付会社(注)」が評価し、その度合いをランク付けしたものです。一般的に、格付けの高い債券ほど利回りは低く、格付けの低い債券ほど利回りは高くなります。

ただし、格付けは債券の信用度をチェックする際の目安となりますが、これはあくまで第三者による意見であり、絶対的な投資尺度ではありません。同じ債券でも格付機関によって格付けに差があったり、発行会社の経営状態の変化などにより、格付けが短期間に何段階も見直されるケースもありますので注意が必要です。

なお、格付けに関する情報は証券会社に問い合わせることもできます。また、最近はインターネットを通じてこれらの情報を入手できるようになっています。

(注)格付けを行う「格付会社」には、格付投資情報センター(R&I)、日本格付研究所(JCR)、ムーディーズ・インベスターズ・サービス(Moody's)、スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)等があります。

図 長期債の格付けの定義

一般に、BBB以上の格付けを「投資適格格付け」、BB以下を「投機的格付け」といいます。ただし、投資適格格付けの債券には債務不履行(デフォルト)リスクがないことを保証するものではなく、また、投機的格付けの債券に投資してはいけないということでもありません。

格付けとはあくまで「デフォルトに陥るリスクの相対的な位置付け」を示すものであり、投資するかどうかは投資家が「リスクに見合うリターンがあるかどうか」をどう判断するかによるといえるでしょう。