本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

普通社債(事業債)

債券の種類

普通社債(事業債)

民間の会社が発行する債券で、事業債とも呼ばれています。満期までの期間は様々で、利率は発行時点の金利水準をベースにその会社の信用度に応じて決められます。

同じ発行時期で比べた場合、普通社債(事業債)の利率は、満期までの期間が同じ定期預金や国債の利率より高めです。ただし、仮に発行会社の経営が破たんすると債務不履行(デフォルト)になるおそれがありますので、発行会社の信用度を見極めた上で、収益性とのバランスを十分考慮することが選択のポイントになります。

期間 2~20年等
申し込み 額面100万円、50万円、10万円等
換金 市場価格で途中換金(売却)できます。代金は約定してから4営業日目に支払われます。
債券の種類
<< 利付国債
ページの先頭へ