本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

債券投資の費用

債券投資入門

債券投資の費用

取引所取引の場合は、取引価格のほかに必要な費用として、売買委託手数料とそれに対する消費税がかかります。店頭取引の場合は、取引の際に必要なコストが取引価格に含まれており、別途の手数料はかかりません。

また、取引所取引、店頭取引共に、債券の売買には経過利子の受け払いが必要です。

図 経過利子(利息)とは

債券の売買が利払日と利払日の間に行われた場合、売り手が直前の利払日以降、受渡時まで持っていた期間の利子を、次の利払日に買い手が受け取ることになります。そこで、途中売買の受渡し時(精算時)に、買い手は売り手が持っていた日数分の利子に相当する額をいわば立て替え払いする処理を行います。この利子に相当する額のことを「経過利子」といいます。

債券の売買について
<< 債券投資の注意点
ページの先頭へ