本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

はじめに

はじめに

株式投資に成功する不変の真理は「安いときに買って、高くなったら売る」ことである。しかし、いつ買えばいいのか、いつ売るべきなのか、その判断はなかなか付けにくいものだ。つまり、自分の判断が的確なものかどうかに確信が持てず、それが心理的な動揺を呼んで、手を下しかねることになる。

確信を得るためには、何よりも十分な調査と検討が必要であり、その基礎となる、精度、確度の高い情報を基に、客観的な分析を行う必要がある。

十分な検討を重ね、的確な判断が得られたら、あとは実際の行動を起こすのみである。ところが、この期に及んでもなお逡巡し、行動に踏みきれない人も多い。決断には、確かに勇気がいるものだ。が、勇気がなければ財産はつくれない。その勇気を生むもの――それは心構えである。心構えができているかいないかで、結果には大きな差が生じるものだ。

客観的な情報と投資家の勇断、この要素が2つながらに絡みあって相乗効果を挙げてこそ、株式投資での成功の道が開ける。むろん、その支えとなるのが心構えだ。

この心構えをつくってくれる“よき助言者”が、古来言い伝えられている相場の格言、金言の数々である。古人が終生かかって築いた境地のエッセンスが、そこにある。これを会得することによって、投資家は労せずして古人の水準に到達できるわけだ。古い言葉が必ずしも現代に通用するとは限らない。が、温故知新(故キヲ温ネテ新シキヲ知ル)ということもある。格言や金言の字間に、汲めどもつきぬ真理を見出し、それを現代に当てはめていくのは、あなたの仕事である。

しかも、これらの格言が生きているのは、決して相場の世界だけではない。そのまま人生の教えとして通じるものも多い。株式相場が人間心理の相剋の場であるといわれることからも、うなずけよう。沈着にして冷静、剛毅にして果断、旺盛な気力と動じない胆力、そして限りない知力を持ってことにあたれと、格言は教える。その言うところをマスターすれば、株式投資ばかりか人生においても、あなたは成功への道を歩むことができるだろう。

そこで本文に入る前に、まず格言を一つ紹介しておこう。

心は広く 食細く 朝は早く
夜は早く 気品は高く 頭は低く
色は薄く 情けは深く 仕掛手早く

常に修養なし富致の算数により売買なすなれば大成する事間違いなし。
(陳雅山著「富致録」より)

凡例

  1. 編集の便宜上、四編に区分したが、相互に関連し、重複する格言も多い。よろしくご判読願いたい。
  2. 引用した格言の出典(いずれも徳川時代の米相場に用いられた)は次のとおり。
    売買出世車(ばいばいしゅっせぐるま)(延亭五年) 東白著
    三猿金泉秘録(さんえんきんせんひろく)(宝暦五年)牛田権三郎著
    八木虎之巻(はちぼくとらのまき)(宝暦六年)猛虎軒著
    商家秘録(しょうかひろく)(明和八年)  大玄子著
    八木豹之巻(はちぼくひょうのまき)(安永二年)猛虎軒著
    宗久翁秘録(そうきゅうおうひろく)(寛政八年)本間宗久著
    八木竜之巻(はちぼくりゅうのまき)(寛政十年)猛虎軒著
    相庭高下伝(そうばこうげでん)(享和元年)玉江漁隠著
  3. 引用の格言は、常用漢字および現代かなづかいに書き改めた。
  4. 本文中の特殊な株式市場用語は、その都度注釈を付けた。また、引用文の難解と思われる言葉にも※を付して注釈をほどこした。