本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

コール・オプションの売買

先物取引・オプション取引

基礎編では取り上げられなかった様々な項目について解説してあるコーナーです。基本的に基礎編の項目と同じタイトルで並べてあります。今後も各項目ごとに新しい言葉や制度などが登場したときには追加していく予定です。
用語解説としてご利用ください。

先物取引・オプション取引
コール・オプションの売買

コール・オプションでは、買い手が「買う権利」を買うわけです。例えば、買い手が日経平均株価を1万円で買うことのできる権利を買ったとします。この権利のプレミアム(オプションの代金)が100円とします。この権利を行使すると、基本的に権利行使価格と、権利行使時点の実際の株価指数との差額を決済することになります。

日経平均株価の場合は、権利行使できるのが取引最終日の翌日だけですから、その時点で日経平均株価が1万500円になっていれば、1万円で買える権利を行使することによって、1万500円との差額500円が利益になります(1万円で買い、1万500円で売る)。ただし、プレミアム分の100円を支払っていますから、最終の利益は400円ということになります。逆に、日経平均株価が9,000円に値下がりした場合、1万円で買う権利を放棄すれば、損失はプレミアム分の100円になります。したがって、「コール・オプションの買い」の特徴は、株価の値下がりによる損失は限定され、株価が値上がりすればするほど利益が拡大します。

一方、売り手の立場ではどうでしょうか。日経平均株価を1万円で買う権利を売るわけです。権利を売る立場になるので、プレミアムの100円を受け取れます。ただし、売り手には買い手が権利行使する場合にはこれに応じなければならないという義務が生じ、決済時点の株価が1万500円なら500円の損失が生じます。ただし、プレミアムとして100円受け取っていますから、差し引き400円の損失となります。反対に、株価が1万円以下になり、買い手が権利を放棄すれば100円のプレミアム分が利益となります。したがって、「コール・オプション」の売りの特徴は、株価の値下がりによる利益は限定され、値上がりすればするほど損失が拡大します。

コール・オプションの買いの損益曲線の図

コール・オプションの売りの損益曲線の図

先物取引・オプション取引
<< オプション取引とは
ページの先頭へ