本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

政府保証債

もっと知りたい!Q&A
債券投資編

基礎編では取り上げられなかった様々な項目について解説してあるコーナーです。基本的に基礎編の項目と同じタイトルで並べてあります。今後も各項目ごとに新しい言葉や制度などが登場したときには追加していく予定です。
用語解説としてご利用ください。

債券の種類
政府保証債

政府保証債とは
法律によって設立された政府関係機関である公団や公庫等(特殊法人)が、事業資金の一部を調達するために発行する債券のうち、政府が元利金の支払いについて保証をしているものです。発行体が元本・利息の支払いが不能になった場合でも、政府が代わってその支払いを行うということですから、その安全性は極めて高くなっています。
政府保証債は、発行体にちなんだ名称が付けられることが多くなっています。
また、株式会社であっても特別の法律に基づいて設立された会社において、政府保証債の発行が認められている場合があります。

購入方法について
多くの銘柄は10万円単位で投資できます。満期までの期間は10年ですが、最近では期間が多様化しています。主要な金融機関と多くの証券会社で扱っています。
なお、個人向けには、ほとんど販売されておりません。

債券の種類
<< 地方債

ページの先頭へ