本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

社債

もっと知りたい!Q&A
債券投資編

基礎編では取り上げられなかった様々な項目について解説してあるコーナーです。基本的に基礎編の項目と同じタイトルで並べてあります。今後も各項目ごとに新しい言葉や制度などが登場したときには追加していく予定です。
用語解説としてご利用ください。

債券の種類
社債

社債とは
民間の会社が発行する債券で、事業債とも呼ばれています。金利は特定の預金や国債に比べて高めです。満期までの期間は様々で、利率も発行会社の信用度や発行時点の金利情勢等によって異なります。
また、発行会社の経営が破たんすると債務不履行(デフォルト)になるおそれがありますので、発行会社の信用度を見極めた上で、収益性とのバランスを十分考慮することが選択のポイントとなります。

購入方法について
期間は1年から20年で、額面は100万円から1億円など大口のものまで様々です。利払いは年2回で、ほとんどのものが確定利息です。発行時期、発行会社により、期間・利回りが異なるので、いろいろなタイプのなかから選択が可能です。取り扱いは証券会社です。中途売却は、いつでも市場価格で売却できます。

債券の種類
<< 政府保証債

ページの先頭へ