本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

外債

もっと知りたい!Q&A
債券投資編

基礎編では取り上げられなかった様々な項目について解説してあるコーナーです。基本的に基礎編の項目と同じタイトルで並べてあります。今後も各項目ごとに新しい言葉や制度などが登場したときには追加していく予定です。
用語解説としてご利用ください。

債券の種類
外債

外債とは
いわゆる外債とは、一般に通貨、発行場所、発行体(債券の発行者)のいずれかが外国である債券のことです。

外債の種類
【通貨による分類】
外貨建ての外債は、元本の払い込み・利払い・償還すべてが外貨建てで行われます。このうち外国の発行体が日本国内で発行するものが、いわゆる「ショウグンボンド」です。
二重通貨建ての外債は、払い込み・利払い・償還のいずれかに異なる2種類の通貨が使われる債券です。
円貨建ての外債は、払い込み・利払い・償還すべてが円貨建てで行われます。このうち、外国の発行体が日本国内で発行するものが円建て外債(いわゆるサムライボンド)、発行体を問わず海外で発行されるものがユーロ円債です。

【発行体による分類】
「公共債(国または政府系機関、地方公共団体等、公的な団体が発行したもの)」と「民間債(一般の法人等民間の団体が発行したもの)」に分けられます。

【払込価格や利子による分類】
利付債は債券にクーポン(利子)が付いている債券で、定期的に利払いがあります。このうち、満期まで利率が変わらない債券が「固定利付債」です。利率が固定しておらず一定期間ごとに変動する「変動利付債」もあります。
ゼロクーポン債は利子がない代わりにあらかじめ額面に対して一定率が割り引かれた価格で発行され、額面金額で償還されます。
ディープディスカウント債は払込価格が額面より低く、その分、利率も利付債に比べて低く設定されます。利子と償還差益(額面と払込価格の差額)の両方が得られます。

債券の種類
<< 金融債

ページの先頭へ