本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

増資の意義

もっと知りたい!Q&A
株式投資編

基礎編では取り上げられなかった様々な項目について解説してあるコーナーです。基本的に基礎編の項目と同じタイトルで並べてあります。今後も各項目ごとに新しい言葉や制度等が登場したときには追加していく予定です。
用語解説としてご利用ください。

そもそも株式会社って何だろう
増資とその意義とは?

増資とは
会社が資本金を増やすことを増資といいます。株式会社の増資には、新株を発行して株主から一定金額の払い込みを受ける有償増資と、払い込みを伴わない無償増資があります。
有償増資の形態は、募集の範囲によって公募、株主割当、第三者割当等に分けられます。一方、無償増資の代表的な方法は株式分割です。また、転換社債(新株予約権付社債)の株式への転換(無償増資)やワラント債の新株引受権の行使(有償増資)も増資の一形態です。

増資の意義
会社が経営活動に必要な資金を調達する方法には、銀行等からの借り入れ、社債の発行、株式の発行等が代表的です。
借入金や社債の発行は確定した利息を払い、期限までに元金を返済しなければなりません。これに対して株式を発行して資金調達を行う場合は、会社を清算しない限りは資金を返す必要がないため、会社にとっては長期に安定した資金調達の方法であるといえます。
増資は、設備投資のための資金調達、新事業を立ち上げるのための資金調達、借入金を返済するための資金調達等を目的として行われることが多いようですが、取引先との関係強化や財務体質の強化等を目的として行われることもあります。


ページの先頭へ