本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

時価発行増資とは

もっと知りたい!Q&A
株式投資編

基礎編では取り上げられなかった様々な項目について解説してあるコーナーです。基本的に基礎編の項目と同じタイトルで並べてあります。今後も各項目ごとに新しい言葉や制度などが登場したときには追加していく予定です。
用語解説としてご利用ください。

そもそも株式会社って何だろう
時価発行増資とは

時価発行増資とは
時価に近い価格で新株を発行する方法のことです。
従来は、発行価格によって、額面発行(株式を額面で発行する方法)、時価発行、中間発行(時価と額面価額の中間付近で決定する方法)に分類されていました。しかし、2001年10月施行の改正商法により、額面株式という概念がなくなったため(すべて無額面株式)、額面発行、中間発行という概念もなくなりました。

額面発行から時価発行へ
時価発行であれば、株価が高くなればなるほど少ない発行株式数で多くの資金を容易に調達できるというメリットがあります。
戦後の日本では長らく額面発行が主流でしたが、1968年に日本楽器(現在のヤマハ)が行って以来、次第に時価発行が有償増資の主流となっていきました。
1980年代後半には、株式市場の好況を背景に時価発行増資が急増しました。しかし、1990年代に入ると、いわゆるバブル経済の崩壊による株式市場の低迷により、一時は時価発行公募増資が事実上停止するという状態に陥りました。

そもそも株式会社って何だろう
<< 公募・第三者割当・株主割当

ページの先頭へ