本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

上場会社の株券電子化がスタート

もっと知りたい!Q&A
株式投資編

基礎編では取り上げられなかった様々な項目について解説してあるコーナーです。基本的に基礎編の項目と同じタイトルで並べてあります。今後も各項目ごとに新しい言葉や制度などが登場したときには追加していく予定です。
用語解説としてご利用ください。

そもそも株式会社って何だろう
上場会社の株券電子化がスタート

2009年1月5日から、上場会社の株券電子化がスタートしました。これにより、これまでの紙に印刷された株券は無効となり、以後の株式は株券のやり取りではなくコンピューターシステムで管理されることになりました。そのため、投資家(株主)にとっては株券の紛失・盗難といった危険がなくなり、上場会社(発行会社)にとっては、株券発行に伴うコストや事務作業を削減できます。
株主としての対応ですが、電子化前に株券を証券保管振替機構(ほふり)に預けてあった投資家は、特段の手続きは必要ありません。
投資家自身で保管している株券(タンス株)など、電子化移行日までに「ほふり」に預託されなかった株券は、上場会社が株主の権利保全のため口座管理機関(信託銀行など)に開設する「特別口座」で管理されます。この「特別口座」に移された株式を売却する場合には、前もって、投資家自身が証券会社に取引口座を開設し、その取引口座に振り替える(移す)必要があります。

最も注意を要するのは、「ほふり」に預けていなくて、しかも電子化前に名義の書き換えをしていなかった株券です。「特別口座」は、株主名簿の名義人の名前(通常、株券の裏側に記載されています)で開設されますし、株券そのものは電子化への移行と同時に効力を失っているため、最悪の場合、株主としての権利を失う恐れがあります。

そもそも株式会社って何だろう
<< 単元株制度とは