本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

株式会社の歴史

もっと知りたい!Q&A
株式投資編

基礎編では取り上げられなかった様々な項目について解説してあるコーナーです。基本的に基礎編の項目と同じタイトルで並べてあります。今後も各項目ごとに新しい言葉や制度などが登場したときには追加していく予定です。
用語解説としてご利用ください。

そもそも株式会社って何だろう
株式会社の歴史

世界最初の株式会社は、1602年にオランダで設立された東インド会社です。東インド会社は、インドや東南アジアから特産品をヨーロッパに運んでいましたが、船を造ったり、船員を雇うのに多くのお金を必要としたので、株式を発行して、費用をみんなから集めたのです。

日本初の株式会社は、1873年に設立された第一国立銀行という名前の民間の銀行でした。また、1878年には東京と大阪に証券取引所が開設されました。しかしその後、1937年の中国との戦争を契機に証券市場は急速に統制色が濃くなっていきました。全国に11カ所あった株式取引所は「日本証券取引所」に統合され、さらに戦局の悪化により1945年8月からは売買立会は中止されました。そして、1949年になってやっと証券取引所が再開され、現在の市場規模まで成長したのです。

そもそも株式会社って何だろう
<< 上場会社の株券電子化がスタート

ページの先頭へ