本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

売買単位

もっと知りたい!Q&A
株式投資編

基礎編では取り上げられなかった様々な項目について解説してあるコーナーです。基本的に基礎編の項目と同じタイトルで並べてあります。今後も各項目ごとに新しい言葉や制度などが登場したときには追加していく予定です。
用語解説としてご利用ください。

株を買う(株式の流通)
売買単位

株式の売買単位
株式の売買単位は、各上場会社が定めた1単元(1売買単位)の整数倍の株数で行われます。
売買単位については、かつては単位株制度が導入されていたため、額面金額(株券に記載されている金額)が50円の会社は1,000株を、額面金額が500円の会社は100株を、それぞれ1単位とするのが一般的でした。
しかし、2001年10月の商法改正により、それまでの単位株制度が廃止され、株式の発行会社が売買単位(1単元)を自由に決めることができる単元株制度が新たに導入されました。
これを受けて、上場会社のなかには、売買に必要な資金を少なくすることにより個人投資家に自社の株式を買ってもらう狙いから(株主数を増やすために)、それまで1,000株単位だった売買単位を100株単位等に引き下げる等、売買単位を小口化する動きが出てきています。
なお、各銘柄の売買単位は新聞の株式欄等で確認することができます。

株を買う(株式の流通)
<< 上場制度

ページの先頭へ