本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

株券電子化後の「株式等振替制度」では、配当や株式分割などの株主の権利関係はどうなりますか?

もっと知りたい!Q&A
株式投資編

基礎編では取り上げられなかった様々な項目について解説してあるコーナーです。基本的に基礎編の項目と同じタイトルで並べてあります。今後も各項目ごとに新しい言葉や制度などが登場したときには追加していく予定です。
用語解説としてご利用ください。

株を持つ・株を売る
株券電子化後の「株式等振替制度」では、配当や株式分割などの株主の権利関係はどうなりますか?

2009年1月5日に株券の電子化がスタートし、すべての上場会社の株式は、証券会社等の金融機関の口座で電子的に管理されるようになりました。
また、上場株式の株主等の権利の管理(発生、移転、消滅)を証券保管振替機構(ほふり)および証券会社等に開設された口座において電子的に行います。
証券保管振替機構は、株主情報(株主の氏名、住所、株式数等)を発行会社に通知し(「総株主通知」)、株主はこれに基づき、配当や株式分割の権利を受けることができます。

株を買う(株式の流通)
<< 株式を公開するメリット

ページの先頭へ