本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

「TOPIX(東証株価指数)」の指標としての特徴は何ですか?

もっと知りたい!Q&A
株式投資編

基礎編では取り上げられなかった様々な項目について解説してあるコーナーです。基本的に基礎編の項目と同じタイトルで並べてあります。今後も各項目ごとに新しい言葉や制度などが登場したときには追加していく予定です。
用語解説としてご利用ください。

新聞を利用する
「TOPIX(東証株価指数)」の指標としての特徴は何ですか?

東証株価指数(TOPIX)は、東京証券取引所第一部に上場されている全銘柄を対象に時価総額を指数として算出します。時価総額とは株価と上場株式数を乗じたものです。東証株価指数は、1968年1月4日の全銘柄の時価総額を合計したものを100とし、その後毎日指数の発表が続けられています。

ただし有償増資や新規上場、上場廃止等があると、株価が変わらなくても時価総額が変化してしまうため、こういうケースでは時価総額を修正して計算します。また、日経平均株価とは違って、株式分割等では、株数が増えた分だけ株価が下がり時価総額に変化がありませんから修正は行いません。

日経平均株価が、あくまで株価の平均を基に計算されているのに対し、東証株価指数では株数、つまりそれぞれの銘柄のボリュームを加味して計算されていることが特徴です。したがって、株価水準の推移を見る場合でも、日経平均株価が値がさ株の影響を受けやすいのに対し、東証株価指数では上場株式数の多い大型株の影響を受けやすいという特性があることに留意して使い分けることが必要といえます。