本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

「PER」の意味と使い方を教えてください。

もっと知りたい!Q&A
株式投資編

基礎編では取り上げられなかった様々な項目について解説してあるコーナーです。基本的に基礎編の項目と同じタイトルで並べてあります。今後も各項目ごとに新しい言葉や制度などが登場したときには追加していく予定です。
用語解説としてご利用ください。

株価判断のモノサシ
「PER」の意味と使い方を教えてください。

税引き後の利益を、その会社の発行済株式数(発行済株式総数-自己株式数)で割ると、1株当たりの利益が計算できます。この1株当たり利益に対し、株価が何倍まで買われているかを表したのが株価収益率(Price Earnings Ratio)です。

この倍率の高低でその会社の投資価値を判断します。例えば、前期の1株当たり利益が20円、現在の株価が400円ならPERは20倍です。来期の1株当たり利益が30円と増益が予想された場合、PERが同じ20倍なら株価は600円の水準まで買える、と判断するわけです。また、同じ業種の平均PERが30 倍で、この会社の現在のPER20倍は低過ぎると判断されるなら、PER30倍の水準、つまり株価は600円が適正ということになります。

しかし、PERは客観的な価値基準を示すものではなく、あくまでも同じ業種の収益状態、将来の収益予測等会社の評価と比較して判断する相対的な基準でしかありません。1株当たり利益も、土地売却等の特別収益があったりするとその期だけ利益が増え、PERが低下して割安感が強まってしまうといった不合理の生じる可能性もあります。

一般に、成長性が期待できそうな株式のPERは高く、逆の場合は低くなっています。

また、新聞等に載る東証一部全銘柄平均のPERは、株価の時価総額を利益総額で除していますが、時として何百倍といった異常に高い数値を示すことがあります。各銀行が不良債権の償却を行って巨額の赤字を計上したとき等、全銘柄の利益総額が低下してしまい、異常値が算出されるケースもあるからです。平均 PERは、個別銘柄でチェックできる損益状況がなかなか表面に現れず、数値自体が一人歩きしてしまいがちな危険性があります。