本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

「PBR」の意味と使い方を教えてください。

もっと知りたい!Q&A
株式投資編

基礎編では取り上げられなかった様々な項目について解説してあるコーナーです。基本的に基礎編の項目と同じタイトルで並べてあります。今後も各項目ごとに新しい言葉や制度などが登場したときには追加していく予定です。
用語解説としてご利用ください。

株価判断のモノサシ
「PBR」の意味と使い方を教えてください。

1株当たりの純資産(注)に対し、株価が何倍まで買われているかを表したのが株価純資産倍率(Price Book-Value Ratio)です。

(注)ここで使用される「純資産」とは、貸借対照表上の「純資産の部」から少数株主持分および新株予約権等を除去した金額、つまり自己資本(株主持分)を意味します。

株主には、株式会社が解散したとき、持ち株数に応じて残された会社の資産を分配してもらう権利があります。この対象となるのが純資産です。つまり株主のものに帰す資産といえます。1株当たりの純資産は、純資産を発行済株式数(発行済株式総数-自己株式数)で割って算出します。

例えば、純資産400億円、発行済株式数5,000万株の会社の場合、1株当たりの純資産は800円です。株価が1,200円なら、PBRは1.5倍になります。PER(株価収益率)が会社の収益力を判断する指標なのに対し、PBRは会社の資産内容や財務体質を判断する相対的な指標です。

PBRが1ということは、株価と1株当たりの純資産が等しいということです。このとき、この会社の株式を買うと、1株に対する投資金額と1株当たりの解散価値が一致しています。もし会社が解散すれば、投資金額はそのまま戻ってくる理屈です。つまり投資金額のリスクがないことになります。逆に言えば株価は1株当たりの純資産を下回らないということになりそうですが、現実にはPBRが1を割ってくる場合があります。経営不安の場合は別として、割安と評価されて投資価値が相対的に高まり、PBRが1を下値に株価が回復するケースも多く見られます。このようにPBRは株式を物的証券と見た投資尺度ともいえるでしょう。