本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

株主優待はどうしたら受けられるのですか?

もっと知りたい!Q&A
株式投資編

基礎編では取り上げられなかった様々な項目について解説してあるコーナーです。基本的に基礎編の項目と同じタイトルで並べてあります。今後も各項目ごとに新しい言葉や制度などが登場したときには追加していく予定です。
用語解説としてご利用ください。

売買するための手続き
株主優待はどうしたら受けられるのですか?

株主優待
株主優待とは、株式公開会社が株主に対し、配当以外に持ち株数に応じて無償あるいは割引価格でサービスや製品を提供することです。自社のサービスや製品の知名度向上、利益還元による株主の保有安定化策として実施されます。
鉄道や航空機の優待乗車券や映画招待券、買い物割引券の配布等、運輸、興行、小売会社が行うケースが多いようですが、自社製品だけではなく本社所在地の名産品等ユニークな商品やサービスを提供する会社もあり、上手に活用すれば株式投資の魅力がさらに高まることになります。
どの会社がどのような株主優待を実施しているかは、「会社四季報」(東洋経済新報社)や「日経会社情報」(日本経済新聞社)の巻末等に掲載されています。

株主優待の手続き
株主優待を受けるためには株主優待を実施している会社が定めている「株主優待の割当日」にその会社の株主になっている必要があります。つまり、株主優待を実施している会社の株式を証券会社を通じて購入し、自分がその会社の株主として株主名簿に記載される必要があります。
ただし、この株主優待の割当日は、株主の権利確定日と同じ日の場合と、権利確定日と異なる日となる場合があり、それぞれ手続きが異なりますので注意が必要です。

売買するための手続き
<< 配当金の受け取りについて

ページの先頭へ