本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

証券総合口座とはどういうものですか?

証券会社に関すること

基礎編では取り上げられなかった様々な項目について解説してあるコーナーです。基本的に基礎編の項目と同じタイトルで並べてあります。今後も各項目ごとに新しい言葉や制度などが登場したときには追加していく予定です。
用語解説としてご利用ください。

証券会社に関すること
証券総合口座とはどういうものですか?

証券総合口座とは、いわば銀行の総合口座の証券版で、MRF(マネー・リザーブ・ファンド)と呼ばれる投資信託に様々なサービスを付加したものです。

MRFは短期証券や格付けの高い公社債などで運用されるため安全性が高く、また普通預金と比べると利回りも高くなっています。さらに1円からの預け入れ、即日換金(手数料なし)など、従来の公社債投資信託にはなかった流動性の面にも優れているのが特徴です。

証券総合口座は、MRFを中核として、株式やその他の有価証券の購入・売却代金の受け払いに対応するなどの機能を持っています。

※ サービス内容等は、取扱証券会社によって異なります。

ページの先頭へ