本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

株には手を出すなという人がいる。家族を説得するには?

かぶしき素朴なぎもん

株には手を出すなという人がいる。家族を説得するには?

株式投資をしない理由として、ときどき耳にする話です。なかには、「親の遺言で手を出すなといわれています」という方もいます。おそらく、大損をするというマイナスのイメージがよほど強いため、そういう発言につながるのだと思います。

もし、まったく株式に投資されたことがないのなら、とりあえず勉強してみるというところから始めてはいかがでしょうか。勉強するのもだめだという人はあまりいないのではないでしょうか。もしかすると、その段階で「株式投資はうかつにはできない」という結論に達するかもしれません。それでも、やはりチャレンジしてみたいと思ったら、少ない金額ではどうかと相談してみてはいかがでしょうか。株式投資は、大金をつぎ込んで失敗するというイメージがあります。しかし数万円レベルで始めるのであれば、仮に損失を出してもダメージは少なくて済みます。

もっとも、家族が反対しないとしても、最初から大きな金額を投資することはお勧めしません。少ない金額で始めて、株式投資とはどういうものか、どういう心理状態になるのかということを経験してから、徐々に資金を増やすことを検討してみてはいかがでしょうか。どんなことでも経験が必要です。同じ失敗をするにしても、初心者のうちに少ない資金で経験しておいたほうがよいのではないでしょうか。

ページの先頭へ