本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

リスクのはなし

株は安全なのか、株で損をしない方法ってある?

リスクのはなし

株式投資はリスクが高い、あるいは大きいといわれます。日本では一般的に「リスク=危険」ととらえられています。しかし、実際のリスクとは、結果が予測できる度合いのことをいいます。

例えば、郵便局の貯金や銀行の預金の利息は、預けたときに1年後にいくらもらえるか予測できますし、ほぼ確定します。ですから、リスクは極めて低いといえます。それと比べて、株式の値段である株価は、1年後どうなっているかはまったく予測できませんからリスクが高いということになります。それは株価に関していえば、どれだけ下がってしまうか分からないという意味だけでなく、どれだけ上がっているかも予測できないという意味も持っているということです。リスクが大きいほど安全性は低いということになります。

株式投資の魅力ってなに?
<< 株式分割
ページの先頭へ