本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

株式を買うのにはどのくらいのお金がいるのか

株を買う

株式を買うのにはどのくらいのお金がいるのか

新聞の株価欄を開いてみてください。たくさんの会社名とその会社の株価が書かれています。会社名のことを、株式投資の世界では「銘柄」と呼びます。表示されている株価は1株の値段ですが、実際には1株で売買できる銘柄は少なく、多くの会社は、1,000株単位で売買が行われます。つまり、株価欄に書かれている金額の1,000倍の資金が必要になります。例えば、株価100円で売買単位が1,000株の会社の場合、10万円必要になります(このほかに手数料などがかかります)。1,000株以外の単位には、500株、100株、1株などがあります。

なお、少額で株式投資ができる商品として、株式ミニ投資(通常の売買〔取引〕単位の10分の1で購入できます)と株式累積投資(るいとう 月々1万円から購入できます)があります。

ページの先頭へ