本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

使ってはいけない情報=インサイダー取引の禁止

情報はどこから得たらよいのか

使ってはいけない情報=インサイダー取引の禁止

株式投資には、使ってはいけない情報があります。それは会社の業績の変動、画期的な新製品等の重要な情報で、しかも一般に発表される前の情報です。このような情報をインサイダー情報といいます。インサイダー情報を知って株式の売買を行うことをインサイダー取引といい、刑事罰等が科せられることがあります。会社関係者以外の人でも、その情報によって売買を行った場合には処罰されることがあります。

その人の立場上の特権だからかまわないように思われるかもしれませんが、あなたが買おうと思って注目していた銘柄が、インサイダー取引によって急騰して買えなくなったり、保有銘柄が急落した場合を考えてみてください。このような取引は、ほかの投資家にとっては極めて不公平な結果を招くことになります 。

自分の勤めている会社や家族、あるいは知り合いの勤めている会社に目を向けることは大変良いことですが、すべての投資家が公平な取引ができるよう、こうしたルールを守らなくてはいけません。