本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

株式欄(4)年初来高値、年初来安値

新聞を利用する

株式欄(4)年初来高値、年初来安値

年初来高値

その年で最も高い株価になったときには、高値の欄が黒地に白抜き数字で表示されます。C社の場合は、1,440円が今年に入って最も高かった株価ということになります。

年初来安値

その年で最も安い株価になったときは、安値の欄が黒地に白抜き数字で表示されます。E社の場合は、2,205円という株価が今年に入って一番安い株価だったということです。

なお、その年の1月から3月までの株価は、前の年の1月以降の期間を対象にしています。そのため、年初来ではなく「昨年来高値」「昨年来安値」と表記されます。

その年の4月以降になると、言葉通りその年の1月以降の株価を対象にしています。

2008(平成20)年の場合は、2008年1月から3月の株価については、2007(平成19)年1月以降の高値・安値が昨年来高値・安値として表示されます。

2008年4月以降の株価については、2008年1月からの高値・安値が年初来高値・安値として表示されます。

銘柄始値高値安値終値前比出来高
A社 168 180 165 170 ▲1 134
B社 3050 3110 3030 3100 △50 320
C社 1380 1440 1320 1400 △30 820
D社
E社 2220 2230 2205 2210 ▲20 50
F社       580 カイ  
G社       1050 ウリ  
ページの先頭へ