本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

何が書いてあるのか(1)証券コードと事業内容

「会社四季報」・「日経会社情報」などを利用する

何が書いてあるのか(1)証券コードと事業内容

「会社四季報」と「日経会社情報」には、たくさんの会社データが掲載されています。
ここでは、共通した主な項目を見ていきます。

証券コード

各社ごとに決められた4桁の固有のコード番号です。会社の規模や信用度等ではなくコードの申請順に割り当てられます。例えば、トヨタ自動車には7203という証券コードが付けられています。

事業内容

[特色][○○○最大手]
基本的な事業内容と業界での地位、系列等が書いてあります。業界での地位の表現は様々で、はっきりと業界首位、2位等と書いている場合もあれば、大手、中堅、さらには老舗等と表現される場合もあります。

[連結事業][収益構成]
どのような事業分野があって、それぞれの分野が売り上げの何%を占めているかが表示されています。例えば自動車メーカーの場合、「自動車 92(8)、金融4(26)、他4(3)」という具合に表示されています。( )内の数字は、「会社四季報」では、売り上げのうち何%が営業利益になっているかを示します。(8)という場合は、1万円の商品を売って800円が営業利益になるという意味です。 一方、「日経会社情報」の( )内の数字は、営業利益全体に占める構成比率(連結営業赤字の場合は記載されません)を示しています。

ページの先頭へ