本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

ROE

いろいろな経営指標

ROE

ROE(Return On Equity=自己資本(注)利益率)=自己資本を有効に使っているか

「ROE」は、株主資本(株主の出資したお金およびそこから生み出された利益)と評価・換算差額等の合計額である自己資本でどれだけの当期純利益を上げているかを示すものです。当期純利益は、会社が1年間活動して株主に残した利益です。その中から配当金が支払われ、残りは将来に向けて自己資本に蓄積されていきます。つまり、多くの当期純利益が残ればそれだけ株主の財産も増えるということになります。

また、基本的な考え方としては、数値が高いほど自己資本を有効に使って当期純利益をあげていることになります。

ROEが高い水準で推移していれば、その会社の将来の収益性や成長性も有望ですし、株主への利益還元も期待できます。最近では、ROEを高めることを経営目標の一つとして打ち出す会社が増えています。

ROE(%)=1株当たり当期純利益÷1株当たり自己資本×100

(注)自己資本は株主持分ともいいます

ページの先頭へ