本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

配当性向

いろいろな経営指標

配当性向

会社が当期純利益のうち何%を配当金として支払っているかを示すのが「配当性向」です。

株主にとって配当金を多く受け取れるということは、大変うれしいことですが、会社の成長ということを考えると一概に配当金を多くすることが株主のためとはいえない面があります。

配当金は当期純利益から支払われ、その残りが会社の将来の設備投資等のために株主資本に積み立てられることになります。つまり、配当金を多く支払えば支払うほど、将来への蓄えは少なくなり、設備投資をしようと思ったときには、新たに資金調達しなければならなくなる可能性が出てきます。

長期保有で臨む株主にとっては、会社の利益があるうちに配当金として受け取った方がよいのか、今後の成長のために積み立てる方がよいのか、判断が難しいところです。

配当性向(%)=配当金支払額÷当期純利益×100

いろいろな経営指標
<< 自己資本比率
ページの先頭へ