本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

チャートを利用する

実践!株式投資

チャートを利用する

株式投資で最も難しいのは、売買のタイミングを見極めることです。安い値段で買って高い値段で売るという基本は誰でも分かってはいますが、的確な判断は経験者でもなかなか難しいものです.この売買のタイミングをとらえる判断手段の一つとしてよく用いられるのが、株価の推移を表したチャートあるいはケイ線と呼ばれるものです。

チャートにはいろいろな種類がありますが、最もよく利用されるのがローソク足です。形がローソクに似ているためこう呼ばれています。

1本のローソク足は四本値(よんほんね)、つまり始値、高値、安値、終値を表しています。そして、1本のローソク足の表す期間によって、1日の値動きを四本値で表したものを日足(ひあし)、1週間の値動きを四本値で表したものを週足(しゅうあし)と呼びます。週足の場合の始値は週の最初に付いた値段、終値は週の最終日の最後に付いた値段になります。同様の考え方で月足(つきあし)、年足(ねんあし)を表すこともできます。最もよく使われるのは週足です。

ローソク足の書き方(図参照)は、まず、始値と終値で枠を作ります。始値と終値が同じ場合は横線1本で表します。そして高値は上方向に、安値は下方向に線を付けます。この高・安の線をヒゲと呼びます。始値あるいは終値が、高値あるいは安値と同じ場合はヒゲを付けません。そして、始値より終値が高い場合は枠内は空白のまま、安い場合は枠内を黒く塗りつぶします。前者を陽線、後者を陰線と呼びます。したがって、株価が上昇しているときは陽線が多く、下降しているときは陰線が多くなります。

図 ローソク足と移動平均線の書き方

移動平均線とは

移動平均線は、過去何日間、あるいは何週間かの株価の平均値を計算して、折れ線グラフにしたものです。例にある5日移動平均は、5日間の株価を平均した数字をグラフにしたものです。例えば5日目は、1日目から5日目までの終値を合計した数字を5で割ります。7日目は、3日目から7日目までの終値の合計を 5で割ります。同じように計算した数字をグラフ化するわけです。

移動平均線にすることより、株価の傾向が分かりやすくなります。

株価判断のモノサシ
<< PBR
ページの先頭へ