本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

売買の手続きと注意点(5)注文・概算代金の支払い ③注文の出し方の例

売買するための手続き

売買の手続きと注意点(5)注文・概算代金の支払い ③注文の出し方の例

銘柄は?

どの会社の株式を買うかを決めます。似かよった会社名もありますので、できれば、事前に各銘柄に付いている証券コード番号を調べ、その番号と会社名で指示を出した方が確実です。分からなければ、少なくとも業種ぐらいは併せて伝えるようにしましょう。証券コードは「会社四季報」や「日経会社情報」に載っています。

何株売買するのか

多くの銘柄は1,000株単位ですが、100株単位や1株単位の銘柄もありますので、買う前に十分確認してください。

「売り」か「買い」か

売り・買いの別は、下の例のように、自分が「○○会社の株を△△円で買いたい」あるいは「売りたい」とはっきりと伝えましょう。
コード番号○番の、○○(株)を、100株、成り行きで、買ってください。
コード番号○番の、○○(株)を、100株、6,000円で、売ってください。

ページの先頭へ