本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

株主総会と配当金の受け取り

売買するための手続き

株主総会と配当金の受け取り

決算期末(権利確定日、3月31日の会社が多い)に株主名簿に載っている株主には、その後「株主総会招集通知」や「事業報告書」等が送られてきます。

配当金がある場合は、株主総会終了後に配当金支払通知書が送られてきますので、郵便局等で受け取ることができます。また、銀行等の預金口座を個別銘柄ごとに指定して受け取る方法もあります。

さらに株券電子化後、新たな受取方法として次の2つが加わりました。
1つは「登録配当金受領口座方式」で、保有する株式の配当金を一括して銀行等の預金口座で受け取る方法です。もう1つは「株式数比例配分方式」で、証券会社の取引口座で配当金を受け取る方法です。

なお、配当は、決算期末後のほか、中間決算後、四半期決算後に支払う会社もあります。また、配当の額は常に同じというわけではなく、増える場合もあれば(増配)減る場合(減配)もあります(もしくは、ない場合<無配>もあります)。

ページの先頭へ