本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

投資信託の特徴

投資信託入門

投資信託の特徴

投資信託は、複数の投資家から集められたお金を一つの基金にまとめ、資産運用の専門家であるファンドマネージャーが株式や債券等に分散投資して運用し、その成果を投資額の割合に応じて還元する仕組みの金融商品の総称です。

販売会社(証券会社、投資信託会社、銀行、郵便局等)を通じて集められた投資家の資産は、信託銀行で保管・管理されます。そして、実際の運用は投資信託会社が担当し、運用方針を決めて株式や債券の売買を信託銀行に指図する仕組みになっています。

投資信託の大きな特徴として、

  • (1)資金をまとめることにより、個人では困難なスケールの大きい運用が可能になる
  • (2)まとまった大きな資金による「分散投資」が可能となり、リスク低減とともに収益を得る機会が広がる
  • (3)高度な情報収集力や分析能力を備えた専門家に運用を任せることによって、運用成果を期待することができる

等が挙げられます。

投資信託は株式や債券等値動きのある証券に投資するため、元本を保証する金融商品ではありません。

運用対象や運用手法により、安全性を重視して運用する投資信託(ファンド)から、積極的にリスクを取りつつ収益性を追求する投資信託まで、多くの種類があります。

図 投資信託運営のしくみ〔契約型(委託者指図型)の場合〕

ページの先頭へ