本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

MRF

公社債投資信託

MRF

MRF(マネー・リザーブ・ファンド)

証券総合口座専用ファンドとして導入された、追加型公社債投資信託です。

MRFは流動性と安全性を確保するため、運用対象を格付け・残存期間等で厳しく定めており、高格付けの債券のほか、CD、CP等の短期金融商品で運用されています。株式は一切組み入れていません。収益分配金を毎日計算し、月末に分配金に対する税金を差し引いて一括して再投資します。

期間 自由
購入単位 1円以上1円単位(1口=1円)。申込手数料はかかりません。
換金 当日引き出し(キャッシング)が可能です。限度額は500万円以内で販売会社が定める額です。受付時間は販売会社にご確認ください。

証券総合口座

銀行の総合口座に相当する「証券版の総合口座」として1997年10月に導入されました。証券総合口座は、専用ファンドであるMRFを中核として、株式やその他の有価証券の購入・売却代金の受け払いに対応する等の機能を持っています。

※サービス内容は証券会社によって異なります。

図 証券総合口座のしくみ

公社債投資信託
<< MMF
ページの先頭へ