本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

投資信託を途中で換金するには

投資信託入門

投資信託を途中で換金するには

投資信託を途中で換金する場合は、基準価額を基に換金することができます。

換金の方法には「買取請求」と「解約請求」があります。「買取請求」は、途中換金したい投資信託を、証券会社等の販売会社に買い取ってもらう方法です。一方、「解約請求」は、証券会社等の販売会社を通じて、投資信託会社に対して信託財産の一部の解約を請求する方法です。

なお、税制上、「買取請求」による利益は譲渡所得、「解約請求」による利益は配当所得とされていましたが、2009(平成21)年1月からは、公募株式投資信託の「買取請求」および「解約請求」による利益は、譲渡所得と見なされ、上場株式等の譲渡損失と損益通算することができるようになりました。また確定申告により、上場株式の配当金と公募株式投資信託の収益分配金は、上場株式の譲渡損失や同投資信託の換金時に発生した損失と損益通算することができるようになりました。

さらに、2010(平成22)年1月からは、特定口座(源泉徴収あり)内で一定の手続きをすれば、申告不要でこれらの損益通算を行うことが可能となりました。

ページの先頭へ