本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

【大引け】【しっかり】

金融・証券用語集

新聞やニュースで使われる証券用語を、例文を挙げて解説しています。

【大引け】【しっかり】

〔例〕
大引けの東京株式市場は、しっかり。市場関係者によると、全体的に値幅取りの動きが活発化したという」

【大引け(おおびけ)】

証券取引所での1日の取引時間の終了時のこと。株式の取引時間は午前9時~午前11時30分の前場(ぜんば)と午後0時30分~午後3時の後場(ごば)に分かれている。したがって、後場の終了時が「大引け」(おおびけ)である。

また、終了時の取引値段のことを大引けという場合もある。ちなみに、前場の終了時は「前引け(ぜんびけ)」。

【しっかり】

取引市場に活気があり、相場に下落傾向が見られない様子。端的には、株価が高いこと。少しだけ高いのは「小じっかり」。ちなみに、漢字で書くと「確り」。

ページの先頭へ