本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

【高値引け】【循環物色】

金融・証券用語集

新聞やニュースで使われる証券用語を、例文を挙げて解説しています。

【高値引け】【循環物色】

〔例〕
「○日の東京株式市場で、日経平均株価は高値引けとなった。根強いデフレ脱却観測を背景に投資家の買い意欲は強く、業種間での循環物色が続いている」

【高値引け】

日々の株価は取引の開始時点(寄り付き)から終了時点(大引け)まで絶えず変動しているが、株価に上昇の勢いがあるとき等に、大引けの株価が寄り付きの株価よりも高く終えることを「高値引け」という。逆に、大引けの株価が寄り付きの株価よりも安くなることを「安値引け」という。

【循環物色】

投資対象として注目を集める業種や銘柄が移り変わっていくような状況を指す。例えば、機械株が買われていて、次は電機株、その次は情報通信株……といった具合である。このような状況は、株式の売却益が得やすく、かつ商いが活発であるときに起こることが多い。逆にいえば、循環物色が一巡すると相場が一段落することが多い。

ページの先頭へ