本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

【もみ合い】【見切り売り】

金融・証券用語集

新聞やニュースで使われる証券用語を、例文を挙げて解説しています。

【もみ合い】【見切り売り】

〔例〕
「○日午前の東京株式市場は、安値圏でのもみ合いが続いている。含み損を抱えた個人投資家による見切り売りが続く一方、投資意欲が旺盛な外国人投資家が買い進めているのではないかとの声が聞かれた」

【もみ合い】

相場が、一定の値幅の範囲で何度となく上げ下げを繰り返す状態。つまり、売りと買いの勢いが拮抗しており、今後の相場が上昇傾向なのか下降傾向なのか、方向性が定まらない状態である。

【見切り売り】

保有している銘柄の株価が下がってきたときに、いずれはまた上がるだろうという期待を断ち切り、損失を覚悟で売却してしまうこと。損失がそれ以上広がらないようにするために行われる。

ページの先頭へ