本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

【ザラ場】【手じまい売り】

金融・証券用語集

新聞やニュースで使われる証券用語を、例文を挙げて解説しています。

【ザラ場】【手じまい売り】

〔例〕
「日経平均は、ザラ場で一時○○○円台に乗せる場面もあったが、上値では手じまい売りに押されて伸び悩んだ」

【ザラ場】

寄り付き(1日の取引や後場の取引の最初に成立する売買)と引け(前場または後場の取引の最後に成立する売買)以外の取引方法や取引時間のこと。

寄り付きと引けの取引は、売買注文を一度に集め、価格優先でまとめて成立させる(板寄せ方式)のに対して、それ以外の時間帯は、売買の条件が出合ったものからどんどん売買を成立させていく(オークション方式)。

【手じまい売り】

買いあるいは売りを反対売買で決済することを「手じまい」という。投資家や証券会社の自己売買部門が保有している株式を売って「手じまい」することを「手じまい売り」という。新規の売りと区別するために使われる。

ページの先頭へ