本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

【軟調】【値ごろ感】

金融・証券用語集

新聞やニュースで使われる証券用語を、例文を挙げて解説しています。

【軟調】【値ごろ感】

〔例〕
「○日の株式市場は、輸出関連株等に売りが先行して、寄り付きは軟調なスタートを切った。後場に入ると、内需株を中心に値ごろ感から買戻しが入った」

【軟調】

相場に買い気が乏しく、相場が少し安い状態を指し、緩やかに市場相場が下がっている状況のこと。相場の全体感をつかむときに使われ、「下げ足」ともいう。なお、緩やかに上がっている状態は「堅調」という。

【値ごろ感】

投資家が相場の動向や過去の値動きから、株式を売買するのにほどよい価格だと判断することで、「値ごろ感から買う」「値ごろ感から売る」というように使われる。株価のどの水準が「値ごろ」であるかといった尺度があるわけではなく、個々の投資家の判断による部分が大きい。

ページの先頭へ